トップページへカリフォルニア大学 エクステンション コンソーシアム グローバルパートナーシップス 日本プログラム

カリフォルニア大学の紹介へ CAPプログラムとはへ 各大学の紹介へ 説明会へ FAQへ FAQへ リンクへ
リバーサイド校
 
 

大学概要

1970年に創立されたカリフォルニア大学リバーサイド校は、学生数およそ23,000人を抱える総合大学であり、カリフォルニア大学群の1校です。1,200エーカーもの広大なキャンパスには、図書館、コンピュータ施設、医療施設、フィットネスセンター、大学寮など数多くの建物が立ち並び、留学生は現地学生と同様にキャンパス施設を利用することができます。古くより海外からの留学生を受け入れてきた同校では、アカデミックアドバイザーや生活アドバイザーなどによる留学生に対するケアが行き届いている点も魅力の一つです。大学では100を越す学士課程の他に、修士・博士課程も充実しています。大学キャンパスはもともと柑橘類の実験農業用地を利用して作られており、そうした歴史的背景もあるため、現在においても大学では生物工学、植物学などバイオテクノロジー関係の分野で研究が盛んです。地元企業やコミュニティはもちろん、州内外の教育機関との関係も深く、日々様々な研究が行われています。また人類学、経営管理なども人気です。

所在地&環境

カリフォルニア大学リバーサイド校は、西海岸の代表都市ロサンゼルスに程近いリバーサイド市に位置します。ロサンゼルスからは東へ車で約1時間内陸に向かったところにあり、周辺は西海岸の典型的なカントリーサイドの風景が広がっています。リバーサイド市を含むリバーサイド郡とその周辺一帯は、州内を代表するオレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系果物の産地として有名で、本格的な栽培は1840年代にリバーサイド市から始まったとされています。スペイン文化の影響を色濃く残した街並みにはコロニアル様式の建物が並び、ストリート沿いに植えられているヤシの木が、典型的な南カリフォルニア地方の開放的雰囲気を創り出しています。
人口約25万人のリバーサイド市は、ロサンゼルスに近いながらも物価は南カリフォルニアの中では比較的安く、また治安も良いためアットホームで落ち着いた生活を送ることができます。
内陸に更に1時間ほど行ったところには、ゴルフコースでも有名な高級リゾート地「パーム・スプリングス」があります。海外交流も盛んなこの市には多種多様の民族が暮らしており、国際色も大変豊かです。また、日本の宮城県仙台市と姉妹都市関係にあります。

 

プライバシーポリシー サイトマップ  

このホームページで掲載されている全ての記事および画像はカリフォルニア大学 エクステンション アーバイン校 / リバーサイド校 CAPプログラムがその著作権を所有します。